国内旅行をお得に行くなら?格安航空券で決まり!

- 格安航空券で国内旅行をしよう!

更新情報

格安航空券で国内旅行をしよう!

近年、格安航空会社(LCC)が普及したことで、国内旅行をするにしても交通機関の選択肢が増えましたよね。
とはいえ、旅行費用の大半は交通費ですから、交通費を少しでも節約すれば宿泊施設のグレードを上げたり、旅行先で美味しい食べ物にお金をまわすことができます。
そこで今回は、2つの代表的な格安航空券(早割航空券とLCCのバーゲンセール)とLCC専用ターミナルの利用上の注意点について、ご紹介したいと思います。

格安航空券の王道と言えば「早割」

価格の安い航空券というと格安航空会社(LCC)の航空チケットをイメージしがちですが、実は格安の航空券を入手する王道は、特定便早期購入割引運賃です。
一般的には「早割」航空券という名前で定着していますが、各航空会社によって名前が異なります。
そんな早割航空券ですが、その運賃は正規普通運賃と比較すると最大で70%~80%割引となっていて、シーズンによって多少変動はあるものの、だいたい70%割引程度の運賃設定となっていますから、お得感満載の格安航空チケットなのです。
しかも早割航空券であっても、受けられるサービスは大手航空会社のフルサービスですし、LCCに比べシート間もゆったりしています。

早割航空券の利用における注意点

注意マーク
早割航空券には複数の種類があり、それぞれに購入期限が設けられています。
そして購入期限が前倒しであればあるほど、運賃割引率が大きく価格が安くなりますので、お得になります。
ただし、早割航空券の利用条件として最も注意すべき点が2つあり、1つ目が予約の変更ができないことです。
そして、2つ目が予約取消にはキャンセル料が発生することです。
この2点には、十分に気を付けて予約をするようにしてくださいね。
大手の航空キャリア以外にも早期予約をする事で安くなるLCCが存在し、有名なところではジェットスターセールを利用すると、驚く様な値段で飛行機を利用できた例もあるようです。

格安航空会社(LCC)のバーゲンセールは要注目!

早割航空券と並ぶ格安航空券の代表格が、格安航空会社(LCC)のバーゲンセールで入手できる激安の航空チケットです。
時にはお宝とも言える安い価格で入手できるバーゲンセールの航空チケットですが、早割航空券と同様、安さに応じた制約がありますので注意しましょう。
すなわち、予約変更とキャンセルによる払い戻しはできませんので、十分に留意した上で購入しましょう。
なお、バーゲンセールは定期的に実施されていますので欲しいと思ったら行動あるのみです!

LCC専用ターミナルの利用上の注意点

格安航空会社(LCC)の普及によって、LCC専用ターミナルを設ける空港も出てきました。
しかし、LCC専用ターミナルは交通アクセスがやや不便なので、想定以上に時間がかかり乗り遅れる可能性がありますから、せっかく手に入れた航空チケットを無駄にしないように余裕を持って自宅・宿泊施設を出発しましょう。
とはいえ、そもそもLCC専用ターミナルは、格安航空会社(LCC)の家賃負担を抑制する目的で余計な設備を無くしています。
ですからLCC専用ターミナルに早く着き過ぎた場合の過ごし方については、事前に検討しておいたほうが良いでしょう。

様々な制約はありますが、安いほうが良い!!

このように格安航空チケットには様々な制約はありますが、それぞれの制約を考慮しても、やっぱり交通費は安く済ませたいものです。
ここでご紹介したことについては、改めて項目を設けて詳しくご紹介したいと思いますので、そちらもご覧いただき参考にしていただければと思います。
是非、上手に安い航空券を使いこなして、旅行を楽しんでくださいね。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017国内旅行をお得に行くなら?格安航空券で決まり!All Rights Reserved.