LCC専用ターミナルでの過ごし方

- LCC専用ターミナルでの過ごし方

LCC専用ターミナルでの過ごし方

今や格安航空会社(LCC)が運航する便数も大幅に増えて、LCC専用ターミナルを用意する空港が増えています。
しかし、ある理由からLCC専用ターミナルの交通アクセスは、通常のターミナルに比べ不便となっていますので、余裕を持って行かなければなりません。
そこで今回は、LCC専用ターミナルに早く着き過ぎた場合の過ごし方について、ご紹介したいと思います。

現在LCC専用ターミナルがあるのは3空港

現在、国内でLCC専用ターミナルが存在し運用されているのは、成田空港第3ターミナル、関西国際空港第2ターミナル、那覇空港LCCターミナルの3空港です。

成田空港第3ターミナル


LCC専用ターミナルで最も施設が充実しているのが、成田空港第3ターミナルです。
450席もあるフードコートは、腹ごしらえも兼ねた暇つぶしには打って付けの施設と言えるでしょう。
フードコートは朝4時から夜21時(一部は22時)まで営業していて、出店しているお店の種類は長崎ちゃんぽん、お好み焼き、うどん、ハンバーガー、寿司、カフェなどリーズナブルなお店が揃っています。
フードコートの隣接エリアには、大きなソファーが置かれた休憩スペースやシャワー設備のある仮眠用エリアも用意されています。
ですから、成田空港第3ターミナルでは、早く着き過ぎたとしても暇を持て余すようなことにはならないのではないでしょうか。

関西国際空港第2ターミナル

関西国際空港第2ターミナルには、カフェと食堂という飲食施設があり、キオスクやドラッグストアも入居しています。
しかしながら、成田空港第3ターミナルと比べてしまうと、あまりにもテナントの質量が貧相に感じられ、十分な待合スペースもありません。
実際に、関西国際空港第2ターミナルで1時間を超えて時間を潰すことには、とても苦痛を感じてしまいます。
ですから、関西国際空港第2ターミナルに早く着き過ぎるのも考え物ですね。

那覇空港LCCターミナル

那覇空港LCCターミナルにも、カフェやカウンターバー、小さな土産物店などが入居していますが、成田空港第3ターミナルと比べるまでもありません。
十分な待合スペースもなく、設置されている座席も座面が堅いので、長時間待つには苦痛を感じてしまうでしょう。
土産物店も小さいので、事前に那覇市内で購入して宅急便を利用するか、那覇空港の国内線ターミナルで購入しておくほうが無難です。

LCC専用ターミナルへのアクセスは計画的に!


そもそもLCC専用ターミナルは、余計な設備を無くして空港を使用する格安航空会社(LCC)の家賃負担を抑制する目的で作られていますので、成田空港第3ターミナルの充実ぶりが例外的なのですね。
ですからLCCの格安航空券は、このような不便さも考慮しての安い価格だと言えるでしょう。
LCCの格安航空券で旅行をする際は、このあたりも含めて十分に計画しておきましょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2017国内旅行をお得に行くなら?格安航空券で決まり!All Rights Reserved.